マンションリフォーム…リフォーム bang!


マンションリフォーム

マンションリフォーム

構造上必要な壁などを残して、すべてを作りかえるスケルトンリフォームなどで人気のマンションリフォーム。家族や自分の要望・好みに合わせて間取りなどを自由に変更し、快適に暮らせる住まいを手に入れることができるマンションリフォームですが、マンションの場合はいくら自分の部屋でもすべてを思い通りにリフォームできない場合があります。

マンションには「区分所有法」という法律に基づいて作られた管理規約と使用細則という規則があります。このうちの管理規約では、リフォームのできる専有部分とできない共有部分が規定されており、また使用細則には工事の承認方法や床材の防音規定などが記載されています。自分の部屋であっても、マンションをリフォームする際にはこうした規約や細則で決められていることをきっちりと守らなければならないのです。

また、意外と見落としがちなポイントもいくつかあります。たとえば間取りに関して言えば、窓の位置は固定されていて動かせないことを忘れてはいけませんし、勝手にベランダ部分を部屋に改造するなどの増築もできません。また、マンションによっては各戸で使うことができる電気容量とガス給湯器の大きさが制限されているところがあります。これを無視して容量の大きな家電をつけたりすると、使用の度にブレーカーが落ちてしまうなど困ったことになる可能性もありますので、注意が必要です。

しかし、こうした約束事さえ守れば、リフォームの自由度はマンションの方が戸建てより高いと言われています。リフォームすることによって、マンションをまるで新築時のようによみがえらせることができるのです。



  • おすすめ

    • 生命保険の無料相談もうまく使いましょう。問題が起こらないような生命保険を契約することはかなり悩ましくて面倒なことです。生命保険は一生の負担額で見直せば保険料総額としてはかなり高額になるもので、また自分や妻そして子供の生活保障を万全とするためのものなので選択では迷ってしまうのです。だから専門のコンサルに生命保険無料相談をしてもらいいい保険の組み合わせができるようにしないといけないのです。保険会社や保険代理店によってはFPによる生命保険無料相談もあります。